借りずに資金調達!即日現金化OK 信頼できるファクタリング業者5選

「本当にすぐに資金調達が可能なの?」

「ファクタリングってなんか怪しい・・・?」

「資金が無いのに必要期日までに間に合わない!ファクタリングを利用できる?」

「赤字決算でローンの審査に通らない!ファクタリングなら自社でも資金調達が可能?」

「悪徳業者にひっかからないか不安・・・信頼できる企業が知りたい!」

「ファクタリング会社が多すぎて何を重視して選べばいいか分からない!」

ファクタリングとは、企業が保有している売掛債権を第三者が買い取り、その管理や回収を行うサービスのことを言います。しかしそう一口に言われても、まだまだ知名度の低いサービスのため上記のような疑問や不安をお持ちの方も少なくないと思います。
ここではそんな悩みや不安をお持ちの方に対して、ファクタリングの基本的な概要から応用まで疑問を解決していきます。

  • 今すぐ資金調達をする方法の徹底解説
  • あなたにとってのメリット・デメリット
  • 活用出来る場面!出来ない場面もある?
  • 絶対に失敗しない企業選びのポイント

といった観点から解説していきます。

1.ファクタリングサービスとは?

①ファクタリングサービスとは

ファクタリングとは企業が保有している売掛債権を第三者(ファクタリング会社)が買い取り、その管理や回収を行うサービスのことを言います。

つまり、企業は売掛債権をファクタリング会社へ売却することで、ファクタリング会社よりその対価が支払われ、取引先からの振り込み期日を待たずに売掛金を手にすることが可能になります。

すぐにでも現金が必要な時に売掛債権の現金化が可能、これがファクタリングサービスの最大の特徴です。では、実際ファクタリングのサービスにはどのような種類のものがあるのでしょうか。

2.2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの仕組みと違い

ファクタリングは大きく分けて「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類のサービスに分けられます。

①2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、ファクタリングを利用したい法人とファクタリング会社のみで契約が完結するファクタリングの契約のことを言います。

売掛債権が発生したのち、法人がファクタリング会社へ申し込みをし、審査に通れば契約が成立します。契約成立後、ファクタリング会社より法人に契約手数料を差し引いた買取金額が支払われます。2社間ファクタリングでは売掛先からの承諾が不要であり、契約成立までの手続きが3社間ファクタリングよりも短く、最短即日で現金化が可能になっています。

利用法人は、売掛先より従来の支払期日に売掛金が支払われたら、速やかにファクタリング会社へ振り込みをします。

②2社間ファクタリングのメリット

・売掛先に、ファクタリング契約(債権譲渡)をしたことがバレない

売掛先にファクタリングを利用していることを知られてしまった場合、資金繰りに苦しんでいるのか・・・と不安を抱かせてしまい、中小企業には取引中止や発注削減などをされてしまうリスクがあります。しかし、2社間ファクタリングでは売掛先に承諾を得る必要がないので、売掛先に債権譲渡したことを知られる心配もありません。

・売掛先に承諾を得る必要がないので最短即日での現金化が可能

3社間ファクタリングでは、売掛先に承諾を得る必要があるので、どうしてもその手順の段階で日数がかかってしまうことがあります。一方2社間の場合では審査に通れば契約成立となるので、資金調達までにかかる時間がぐっと少なく、最短即日での現金化が可能になります。1日でも早く資金調達をしたい場合には2社間ファクタリングがおすすめです。

③2社間ファクタリングのデメリット

・手数料が高く、審査が厳しい

一般的に、3社間ファクタリングにかかる契約手数料の相場が1%~5%となっているところ、2社間ファクタリングでは6%~30%が相場と言われています。これは、2社間で契約が完結してしまう場合ファクタリング会社にとってのリスクが大きいからです。
例えば、売掛先からの振り込み金を別の資金に充ててしまう、売掛先が倒産してしまう・・・等、二社間ではどうしても起こりうるトラブルが多く、手数料は高めに設定されていて、審査も厳しくなっています。

・大手企業は2社間ファクタリングのサービスを行っていない

これは、賃金業法に触れてしまう可能性があるためです。賃金業法では100万円以上の貸付に対する金利は15%と定められています。2社間ファクタリングの手数料が仮に20%とした場合、法定金利を超えてしまうことになります。ファクタリングは貸付ではないから賃金業法に関係がないのでは?と思いますが、実は現時点で賃金業法ではファクタリングが貸付に当たるかどうかの明確な規定はありません。「法に触れてしまうかもしれない」という危険性だけでも、多くの大手企業が2社間ファクタリングには参入しづらくなってしまうのです。

2社間ファクタリングのメリット

  • 売掛先に、ファクタリング契約(債権譲渡)をしたことがバレない
  • 売掛先に承諾を得る必要がないので最短即日での現金化が可能

2社間ファクタリングのデメリット

  • 手数料が高く、審査が厳しい
  • 大手企業は2社間ファクタリングのサービスを行っていない

④3社間ファクタリング

3社間ファクタリングでは、2社間ファクタリングと違い、売掛先にファクタリング契約を通知し、承諾してもらう必要があります。そのため、万が一売掛先に承諾を拒否されてしまうと、ファクタリングのサービスが利用できなくなってしまいます。

売掛先より無事承諾を得て契約が成立した後、2社間ファクタリング同様に、ファクタリング会社より利用者に契約手数料を差し引いた買取金額を支払われますが、売掛金の支払いは売掛先よりファクタリング会社へ直接行われます。これが3社間ファクタリングの流れです。

⑤3社間ファクタリングのメリット

・手数料が(比較的)安く、審査が(比較的)緩い

3社間ファクタリングは、売掛先の企業に承諾を得なければなりません。2社間ファクタリングと比べて第三者が関わり、ファクタリング会社のリスクも低いため、手数料も3社間の方が比較的に低く、審査基準も甘めに設定されていることが多いようです。

・売掛金の管理などの業務負担が軽減される

3社間ファクタリングは売掛金の支払いが売掛先よりファクタリング会社へ直接行われます。利用者は、売掛金の管理や代金の回収などをする業務がなくなり、その分その他の必要な業務に時間を充てることが出来ます。

⑥3社間ファクタリングのデメリット

・売掛先に承諾を得なければならない

ここがなかなかハードルの高いところです。売掛先がファクタリングについて理解のある企業であれば問題は無いですが、まだまだ知名度の高いサービスではないために不審に思われてしまう可能性もあります。契約をスムーズに行うために、売掛先との普段からの信頼関係や信用が問われます。

・2社間ファクタリングと比べて資金調達までに時間がかかる場合がある

売掛先に承諾を得なければならないため、ファクタリング会社が売掛先へ契約内容を説明しなければなりませんし、先方がなかなかOKを出してくれない・・・なんてこともあります。即日での資金調達は難しいのが3社間ファクタリングのデメリットです。3社間ファクタリングでは、実際に入金があるのは半月~1か月後になるので、早期の資金調達が必要な場合には2社間ファクタリングを選択しましょう。

3社間ファクタリングのメリット

  • 手数料が(比較的)安く、審査が(比較的)緩い
  • 売掛金の管理などの業務負担が軽減される

3社間ファクタリングのデメリット

  • 売掛先に承諾を得なければならない
  • 2社間ファクタリングと比べて資金調達までに時間がかかる場合がある

〈2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いまとめ〉

2社間  3社間
手数料の相場  6%~30%  1%~5%
入金までの期間  即日~4日程度  半月~1か月後
売掛先への通知  不要  必要
ファクタリング会社への支払い  自社より  売掛先より
大手の参入  無し  有り

それぞれの契約にはデメリットもありますが、賢く利用すれば必ずあなたのビジネスに役立ちます。どちらの種類の契約が自社にメリットが多いのか判断して、自社に合ったファクタリングサービスを選択しましょう!

3.ファクタリングを利用した場合のメリット・デメリット

①ファクタリングを利用した場合のメリット

・最短即日で資金調達が可能!

「資金調達までがとにかく早い!」これがファクタリングの最大のメリットです。

銀行系融資や、公的融資などの資金調達方法もありますが、申し込みから2~3週間、長い場合には1か月以上時間がかかってしまうこともあります。それに比べてファクタリングは、融資ではなく債権の売買になるので、売掛を保有していることを証明できる台帳や契約書等があればすぐに申し込め、審査にかかる時間も短く、最短で即日の資金調達が可能です。

まとまった資金を調達するのに一刻を争う場面もあると思いますが、ファクタリングなら迅速に対応でき、あなたのビジネスに役立てることが出来るのです。

・銀行系の融資よりも審査が緩い!

ファクタリングは融資ではなく債権の売買になるので、利用者の財務力等はあまり重要視されることがなく、個人信用機関の参照なども必要がありません。そのため、赤字決済があったり未納の税金等があり銀行融資などの審査で通らなかった企業も、利用できる可能性が十分にあります。また、ファクタリングでは自社の信用ではなく、売掛先の信用が重要になり、「毎回売掛先より期日までにきちんと売掛金が支払われているか」を調査します。この支払期日は、半年後より3か月後、3か月後よりも1か月後、と短ければ短いほど、ファクタリング会社のリスクが低くなるため審査に通りやすくなります。

・保証人や担保なしで利用できる!

これもファクタリングの大きなメリットの一つです。融資の際には保証人や担保が必要ですが、今すぐにでも資金が必要なのに「保証人をお願いするほど頼れる人が周りにいない・・・」「担保にするほどの資産なんて無い・・・」なんてこともありますよね。

何度も言いますが、ファクタリングは融資では無く売掛債権の売買です。そのため保証人や担保が必要なく、売却した分だけの対価が手に入るサービスになっています。

・(2社間であれば)取引先に知られる可能性が99%ない!

近年、注目を浴びている資金調達方法と言えど、ファクタリングというサービスはまだまだ知名度の低いサービスでもあります。取引先(売掛先)にファクタリングを利用していることがバレてしまうことで起きる問題として、「そんなサービス使うなんてこの会社、経営がうまくいってないんじゃないのか?」

なんて不安を抱かれ、信用を失われてしまうなんてことも十分に考えられます。最悪の場合、中小企業や、零細企業からすれば「取引中止」や「発注削減」なんてリスクも・・・。

しかし心配はいりません。2の①で説明した通り、2社間ファクタリングを利用すれば、売掛先への報告や、売掛先からの承認を得る必要がありませんので、取引先に知られてしまう心配ももちろんありません。ただし、債権譲渡登記されてしまったり、ファクタリング会社へ支払うべき売掛金を横領してしまった場合などは話が別で、可能性はゼロではありません。きちんとルールを守って健全にサービスを利用していれば、取引先からの信用を失うことはまずありえません。

・売掛先が倒産した場合のリスクを回避できる

ファクタリングには、(ウィズ)リコース契約ノンリコース契約
というものがあります。

(ウィズ)リコース=償還請求権=売掛先が倒産するなどして売掛金の回収が不可能になった場合、売掛債権を買収したファクタリング会社が利用者に振り込まれる予定だった金額を直接請求する権利のことをいいます。ノンリコース契約とはその逆で、売掛債権をファクタリング会社へ売却した時点で、利用者はその債権に対する責任も同時に手放しているため、売掛先が倒産した場合でもファクタリング会社は利用者へ請求できる権利が無いのです。

ノンリコース契約では、売掛債権を売却すると同時に、売掛先が倒産した場合のリスクを回避できるのです。ただ、ノンリコース契約はリコース契約に比べて手数料が高めに設定されていることが多いので事前に必ず確認をすることが重要です。

②ファクタリングを利用した場合のデメリット

・手数料がかかる

資金調達までが速い、審査に通りやすい等というメリットがある反面、ファクタリングは銀行融資や公的融資借入時の金利や、手形の割引率と比較すると、手数料が高めに設定されています。この手数料は、ファクタリング会社の報酬になるわけですが、特に先に説明した2社間ファクタリングではファクタリング会社が負うリスクが大きいため、手数料を6%~30%に設定している企業が多く、3社間ファクタリングの手数料の相場の1%~5%に比べるとかなり高めに設定されています。

資金調達にかかるコストと、スピードの優先順位をよく考慮し、自社にあった企業やサービスを選択することが重要です。

・資金調達の上限が、売掛金の範囲内になってしまう

ファクタリングはあくまで自社の保有している売掛債権を売って資金を調達するサービスなので、多くの金額を調達したかったとしても、売掛金が少額の場合は希望通りの金額を調達することが出来ません。

・債権譲渡登記が行われることもある

債権譲渡登記とは、ファクタリング会社が売掛債権を買い取ったことを証明するために、法務局に申請してその事実を登記することを言います。売掛先との取引内容や金額よって、ファクタリング会社が二重譲渡防止目的のために、債権譲渡登記を行うこともあります。

この登記によって、取引先がこの情報を閲覧することが可能になったり(まぁ、まず見られる可能性はほぼありませんが・・・)、登記には数万円の費用が必要になります。登記不要のファクタリング会社も存在しますが、登記が行われることがあるということも頭に入れておいたほうがいいでしょう。

ファクタリングを利用した場合のメリット

  • 最短即日で資金調達が可能!
  • 銀行系の融資よりも審査が緩い!
  • 2社間であれば)取引先に知られる可能性が99%ない!
  • 売掛先が倒産した場合のリスクを回避できる

 
ファクタリングを利用した場合のデメリット

  • 手数料がかかる
  • 資金調達の上限が、売掛金の範囲内になってしまう
  • 債権譲渡登記が行われることもある

4.即日で資金調達!ファクタリングを活用すべき事例

①資金が必要な期限までに時間がない!

前述のとおり銀行系融資や公的融資では、どちらも審査に時間を要し、実際に入金されるまで早くても2週間程度かかってしまいます。

「資金が手元に無いのに、支払いの期日が迫っていて間に合わない!」なんて場合には融資を選択するのは良策ではありません。その一方、ファクタリングは審査が簡易的であるため融資やローンを選択するよりも遥かに早期の資金調達が可能です。2社間ファクタリングであれば最短即日~、3社間でも遅くても4~5日程度での資金調達が可能です。

②銀行融資やローンの審査に通らない

赤字決算が続いている、税金を滞納している、開業したばかりで運営実績がない・・・等の場合、厳しい審査を行う銀行系融資や公的融資の利用はまず難しいでしょう。

しかし、ファクタリング業界では独自の審査基準で可否を判断するため、融資に比べて審査に通りやすくなっています。そのため、融資の審査に通らない場合、ファクタリングでの資金調達が非常におすすめです。

③信用情報に傷をつけたくない

融資やローン等で資金を調達した場合、どうしても信用情報に記録が残ってしまいます。

何度も言いますが、ファクタリングは借り入れではなく売掛債権の売買のため、もちろん信用情報に記録が残ることもありません。

④会計上負債を抱えたくないとき

ファクタリングを利用して売掛債権を現金化すると、もちろん債権は手放しているわけですので会計上負債に計上されることはありません。

そのため、自社の純資産利益率が上がり、対外的な評価の向上にもつながります。決算期や融資調査前など、対外的評価を下げたくないときの一時的利用にも良策と言えます。

5.悪徳業者に注意?信頼できる企業を選ぶためのポイント

ファクタリングは、メリットの多い資金調達方法でもありますが、近年ファクタリング会社が徐々に増えてきて、どの企業を選べばいいか悩んでいる会社様も多いと思います。実際に、その中には悪徳業者や闇金業者が潜んでいることも事実です。焦ってファクタリング会社を選択して、蓋を開けてみたら悪徳業者だった!なんてことで涙を流さないように・・・しっかりとポイントを押さえ、信頼できる企業を選択し、トラブルに巻き込まれないようにしましょう。

①手数料が妥当かどうか

ファクタリングを利用するとどうしてもかかってしまう手数料。出来るなら手数料が安い企業を選びたいですよね。上記でも説明したように、手数料の相場は2社間ファクタリングで6%~30%、3社間ファクタリングで1%~5%と言われています。売掛先の与信などによっても手数料は変化してきますが、出来るだけ自社に損の無いように、利用するサービスに妥当な手数料の額の企業を選択しましょう。

そして、良いことばかり言って甘い蜜で呼びよせ、手数料の設定が飛びぬけて高い・・・なんて企業は悪徳業者の可能性が高いので、注意しましょう。目の前の宝に目を眩ませずに、色々な企業の手数料を比較してきちんと判断するようにしましょう。

②それぞれの企業の特徴をしっかりと把握する

企業によって出来ること出来ないこと、得意不得意があるので、事前にそれぞれの企業の特徴をしっかりと調べておくことももちろん大事です。特に、買取可能金額の上限と下限得意とする業種対応している地域などはファクタリング会社選びの大きなポイントになります。

例えば買取可能金額の最少額が数10万円~のところもあれば、300万円~なんて企業もあります。また最大額で言えば1000万円までのところもあれば、1億円までOK!なんて企業も。自社が売却したい売掛債権の額に合わせて企業を選ぶこともできます。また、対応地域も、企業によっては出張料がかかってしまうところもあるので、事前にチェックをしておくべきです。

③HPや広告、比較サイトなどで創業年数、運営実績を確認して信用できる内容か見極める!

通常、HPなどで紹介されている企業概要には沢山の情報が掲載されています。どこを調べてみても、会社名、所在地、メールアドレスだけなど情報が少ない企業は優良会社ではない可能性がありますので注意が必要です。

また企業を検索したときに創業年数や運営実績なども必ずチェックするようにしましょう。近年、ファクタリングというサービスが知れ渡るのに比例して、ファクタリング会社の数がどんどん増えてきています。創業年数が浅い設立したばかりのファクタリング会社でも丁寧に対応してくれる会社もたくさんあると思いますが、創業年数が長く運営実績がきちんとある会社の方が、経験豊富でサービス利用後もトラブルに巻き込まれるリスクは少なく格段に安心です。このような観点から、利用者が多く経営が続けられていると予測できる、創業5年以上の会社を選んだほうが安心して利用できるでしょう。

⑤資金調達までにかかる時間はどれくらいか

ファクタリングを利用しようか悩んでいる貴方!1日でも早く資金を調達したいですよね?ではこの事前調査も必須です。資金調達までにどれくらいの日数を要するのか、必ず確認しましょう。

資金調達までにかかる日数は通常、2社間ファクタリングで即日~2日程度、3社間ファクタリングで3日~1週間というデータがあります。ファクタリング会社によっても設定は異なるので、手数料等他のコストとも併せて、自社に合った会社を選ぶ重要なポイントになります。

⑥対応が丁寧かどうか

これはファクタリングに限ったことではありませんが、問い合わせた際や契約担当者の対応が丁寧な企業を選択するようにしましょう。仮に、現金化までのスピードがいくら早くても、サービスの内容が優れていても、横柄な態度の担当者だったり、言っていることがころころ変わるような企業に契約を任せるのは不安ですよね。

ファクタリング会社のHPには問い合わせフォームを設けている企業も多いので、実際に問い合わせてみて対応を比べてみるのも一つの手です。自社に合ったサービスの中で、最も信頼できる企業を慎重に選択するようにしましょう。

⑦契約書の発行があるか

2社間と3社間で契約の仕方は異なりますが、どちらも必ず契約書が発行されるのは当たり前のことです。しかし、悪徳業者に限ってこの契約書の発行を省く傾向があります。

契約書の有無を事前にしっかり確認して、発行が無い場合には悪徳業者を疑いましょう。

6.即日対応OK オススメ優良ファクタリング会社3~5社

①OLTA

②資金調達Pay

③ビートレーディング

まとめ

ファクタリング利用への不安や悩みを抱えている方も多いかもしれませんが、ファクタリングは適切に活用すればたくさんのメリットがあるサービスです。

資金不足に悩まされているときは一刻を争う場面も多いと思いますが、どの会社やどの契約を選択するのが自分の会社にとって一番メリットがあるのか、焦らずに考えて選択をすることが重要です。
ファクタリング会社には事前相談対応をしてくれる会社も沢山あり、申し込みをするまでは何社に相談してもOKです。1社だけではなく何社かに相談をし、比較をしてみることもおすすめです。

今回解説したポイントをしっかり押さえて、上手にファクタリングを活用しましょう!